営業管理ツール > ブログ > Excel(エクセル) > Excel(エクセル)でよく使うショートカットキー31選(Windows/Mac)、作業効率化に必須!

BLOGブログ

Excel(エクセル)でよく使うショートカットキー31選(Windows/Mac)、作業効率化に必須!

Excel(エクセル)でよく使うショートカットキー31選(Windows/Mac)、作業効率化に必須!

エクセルの操作では、速やかにデータや関数を入力することが求められます。このとき、必ず活用したいのがショートカットキーです。

2~4アクションが必要なコマンドを1アクションで行えるため、作業効率が格段に上がります。事務作業の時間を削減し、利益に直接つながる業務の時間を増やしましょう。

本記事では、必ず覚えておきたいエクセルのショートカットキーを31個ご紹介します。

作業効率が上がるエクセルのショートカットキー

エクセルのショートカットキーの数は膨大ですが、その全てを使用するわけではありません。ショートカットキーを覚えるのは大変なので、使用頻度が高いものだけ覚えておくことが大切です。それでは、「使用頻度が高いショートカットキー」と、「できれば覚えておいた方ショートカットキー」の2部に分けてご紹介します。

使用頻度がもっとも高い便利なショートカットキー16選

【Windows / mac】

・F12 / fn + F12
「名前を付けて保存」のダイアログボックスを表示

・PageUp / fn + ↑
約1画面の範囲で上にスクロール

・PageDown / fn + ↓
約1画面の範囲で下にスクロール

・Ctrl + A / Command + A
全てのセルを選択する

・Ctrl + C / Command + C
選択したセルの値をコピーする

・Ctrl + V / Command + V
コピーした値を貼りつける

・Ctrl+Alt+V / command + option + V
「形式を選択して貼り付け」のダイアログボックスの表示
※Ctrl + Vだとコピー元の形式までコピーされるので、テキストのみ貼り付けたい場合は、ダイアログボックスで「テキスト」を選択

・Ctrl + F /Command + F
「検索と置換」のダイアログボックスの表示

・Ctrl+Z / command + Z
元に戻す(直前のコマンドに戻す)

・Ctrl + K / Command + K
ハイパーリンクの挿入

・Shift + F11 / Shift + fn + F11
新規シートを挿入

・Ctrl + S / Command + S
上書き保存

・Ctrl + 1 / Command + 1
「セルの書式設定」のダイアログボックスの表示

・Alt + F1 / option + fn + F11
選択した範囲からグラフを作成する

・Alt + Enter / option + Enter
選択しているセルの中で改行する

・Ctrl + Shift + A / command + shift + A
入力した数式に適応した引数と()が挿入される
例:=SUMIFと入力した後にショートカットキーを押すと、=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)と表示される

・Ctrl + Shift + L / Ctrl + Shift + F
フィルターの追加・削除の切り替え
※Windowは「L」だが、macは「F」

できれば覚えておいた方がいいエクセルのショートカットキー15選

必須ではありませんが、覚えておくことで作業効率がさらに上がるショートカットキーをご紹介します。

・Ctrl + Y / command + Y
直前のコマンドや操作を行う

・Alt+F4 / command + Q
エクセルを終了する
※Windowとmacでキーが異なるので注意

・Ctrl + D / command + D
選択範囲の一番上の行の値と書式を、最下部までコピーする

・Ctrl + R / command + R
選択範囲のうち、一番左の列の値と書式を一番右までコピーする

・Ctrl + B / command + B
選択したセルの文字を太字にする

・Ctrl + スペース / control + スペース
選択しているセルの列を全選択

・Shift + スペース / shift + スペース
選択しているセルの行を全選択

・Shift + Alt + = / comand + shift + T
SUM関数を設定

・Ctrl + Shift + +(プラス)/ command + shift + +(プラス)
行、列、セルを挿入する

・Ctrl + -(マイナス)/ command + – (マイナス)
行、列、セルを削除する

・Ctrl+P / command + P
「印刷」のダイアログボックスを表示
※「Print」の「P」と覚える

・F2 / control + U
選択しているセルを編集する

・F7 / fn + F7
スペルチェック

・Ctrl+Shift+& / command + option + 0(ゼロ)
選択したセルに外枠をつける
※WindowとMacで異なるので注意

・Ctrl + H / control + H
「置換」タブを開く

残業を減らすためにもショートカットを覚えよう

エクセルのショートカットキーを使いこなせば、1つの操作につき3~5秒程度の削減が可能です。膨大なデータを入力する場合、3~5秒が積み重なることで数十分~1時間以上も削減できます。

結果的に残業時間が減り、日々のモチベーションも高まるでしょう。事務作業に追われていると、直接的な利益を生む営業や販売などに支障をきたします。エクセルを頻繁に使う方は、可能な限りショートカットキーを覚えることが大切です。

おわりに

エクセルでは、何回も関数を設定したり、さまざまなデータを入力したりするため、いかにショートカットキーを使うかが重要です。全くショートカットキーを使わない場合、業務効率が非常に低くなります。ショートカットキーを使いこなせれば、残業時間を大幅に短縮することも可能なため、この機会にぜひ覚えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

"UPWARD"について資料をダウンロード

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロードURLを記載したメールをお送りします。

お名前(姓)[必須]
お名前(名)[必須]
会社名[必須]
メールアドレス[必須]
お電話番号[必須]
同意確認[必須]

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をご確認ください。同意をいただける場合は「同意する」にチェックいただき、お進みください。

  • UPWARD ご紹介資料
  • UPWARD お客様事例集

関連記事

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
自動チェックイン機能搭載のニューモデル UPWARD AGENT
×