営業管理ツール > ブログ > 評価される営業報告書の書き方、SFAで営業報告をラクに

BLOGブログ

評価される営業報告書の書き方、SFAで営業報告をラクに

評価される営業報告書の書き方、SFAで営業報告をラクに

営業報告書は、日々の営業内容や進捗を上司に報告するために必ず作成する必要があります。また、情報を正しく共有するためには、質の高い営業報告書を作成しなければなりません。営業報告書の質が低いと、上司が現在の営業状況を把握できず、目標達成率に支障をきたすでしょう。

では、どのような営業報告書が評価されるのでしょうか。本記事では、評価される営業報告書の書き方と、SFA(営業支援ツール)を活用した効率的な営業報告について詳しく解説します。

評価される営業報告書の書き方

評価される営業報告書の書き方のポイントや必ず記載すべきことを詳しくみていきましょう。

評価される営業報告書の書式

営業報告書は、内容が最も重要ですが、書式も整えなければなりません。次のようなポイントを押さえましょう。

■シンプルなフォーマットで統一する
営業報告書は、シンプルな書式にするとともに、社内で統一することが大切です。詳しく報告するためといって、作成に長時間かかるようなフォーマットを使用すると、営業に使える時間を圧迫するでしょう。

また、社内でフォーマットが統一されていないと、見るべき項目がわからず、チェックに時間がかかってしまいます。シンプルなフォーマットで統一することで、短時間で要点を報告でき、チェックにかかる時間も削減できるでしょう。

■関連した資料や報告書とリンクさせる
営業報告書に具体的な数字を記載するとともに、より詳細な情報が掲載された報告書とリンクさせましょう。営業報告書に詳細な情報を書きすぎると、かえって見づらくなってしまいます。リンクさせる報告書には、受注リストや案件リスト、予実管理などがあります。

評価される営業報告書の内容

営業報告書は、わかりやすく作成するために、それぞれの項目を端的に記載することが大切です。どのような内容をどのように記載すればいいか、詳しくみていきましょう。

1日の行動履歴と面談内容

1日で営業した会社の名称と住所、担当者、面談内容をひとくくりにして記載しましょう。

・A社 10:00~11:00
住所:東京都○○区○○1-2-3
担当者:加藤
商談内容:○○について提案。その際、○○について質問されたため、次回面談時に返答。

・B社 13:00~15:00
住所:東京都○○区○○2-2-2
担当者:斎藤
商談内容:○○について提案。前向きに検討とのこと。

・C社 16:00~17:00
住所:東京都○○区○○3-1-1
担当者:田中
商談内容:○○について提案。○○のニーズあり。次回にニーズに合致した商品を提案予定。

具体的な営業の内容

具体的な営業の内容を記載しましょう。「セールストークの切り口」「先方からの質問と回答」「今回の営業で得られた情報」などを記載することが大切です。

また、成果や失注、値引き交渉の有無などを記載しておくと、営業方針を見直しやすくなります。「○○円受注・失注「〇%の値引き交渉あり」「競合との価格差〇〇円」など、具体的な数字を記載しましょう。

今回の課題と解決策

今回の営業で判明した課題と具体的な解決策を記載しましょう。成約できなかった場合は、その原因を考えることが大切です。「押しが1つ足りなかった」「ニーズと微妙にズレていた」など、さまざまな原因が考えられます。

また、成約できたとしても、次回のリピートにつなげるためにクリアすべき課題があるかもしれません。すぐに課題をクリアできなくても、自分なりに解決策を考えて、営業報告書に記載しましょう。そうすれば、上司の意見やアドバイスなどをもらえて、具体的な解決策を立案できる可能性が高まります。

営業報告書を書く目的を理解する

営業報告書を書く目的を正しく理解することで、自ずと書くべき内容が見えてくるでしょう。営業報告書を書く目的は、現状を上司に報告してチーム全体の目標達成の進捗を明確にするとともに、日々の営業を振り返り、次の営業につなげることです。

つまり、営業の進捗や課題、解決策が不明瞭な営業報告書は、質が低いと言えるでしょう。逆に、必要な情報が端的かつ明瞭に記載されていれば、短時間で要点をインプットできる質の高い営業報告書と言えます。

営業報告書を作成

SFAで営業報告をラクに

営業支援ツール「SFA」を導入することで、日々の営業報告の手間を大きく減らせます。外出先からスマホやタブレットで営業報告できるため、営業後に会社に戻り、営業報告書を作成する手間もかかりません。それだけ営業にかける時間を長く確保できるようになるため、結果的に成約率アップにつながるでしょう。

なかでも営業支援ツールの「UPWARD」は、音声入力で簡単に営業報告書を作成できるため、より短時間で作業できます。さらに、顧客情報を登録することで営業分析も可能になるため、その場で課題を挙げ、質の高い解決策を立案できるのです。

また、営業先をマップ上に可視化し、訪問スケジュールやルートを自動作成できるため、営業効率が格段にアップします。

営業管理の機能を備える「UPWARD」を10分で知りたい方はこちら
【無料】「UPWARDご紹介資料」を今すぐダウンロード

おわりに

営業報告書は、次回の営業へ活かしたり、上司がチーム全体の状況を確認したりするために必要です。1日の営業の流れや面談内容、課題と解決策を端的に記載することで、評価される営業報告書となるでしょう。ただ、営業報告書の作成には時間がかかるため、効率化のためにSFAの導入を検討することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

無料で資料をダウンロード

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロードURLを記載したメールをお送りします。

お名前(姓)[必須]
お名前(名)[必須]
会社名[必須]
メールアドレス[必須]
お電話番号[必須]
同意確認[必須]

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をご確認ください。同意をいただける場合は「同意する」にチェックいただき、お進みください。

  • UPWARD ご紹介資料
  • UPWARD お客様事例集

関連記事

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
資料ダウンロード
×