営業管理ツール > ブログ > リテール営業とは?リテールセールスを成功させるポイント

BLOGブログ

リテール営業とは?リテールセールスを成功させるポイント

リテール営業とは?リテールセールスを成功させるポイント

営業職にはさまざまな区分けがあります。IT営業・保険営業のように業種・業界で区分するケースや、コンサルティング営業・ルート営業のように業務内容で区分することもあります。今回テーマとして取り上げるリテール営業もこういった区分の一つです。今回はリテール営業にスポットを当て、リテール営業の業務内容や成功させるポイントなどを詳しく解説いたします。

リテール営業(リテールセール)とは

リテール営業職とは、個人を顧客にする営業職というのが一般的な定義です。もともと金融業界で使われていた区分であり、「retail(小売り)」を語源としています。

対する法人相手の営業はホールセール営業といい、こちらは「wholesale(卸売り)」に由来したネーミングです。

金融業界では、個人相手に資産運用や相続・住宅ローンなどを営業するリテール営業と法人(企業や機関投資家)相手に資産の調達と運用を提案するホールセール営業があり、部署も明確に分かれています。

金融業界で使われていた区分が一般化し、金融以外の業界でも個人向け営業に対してリテール営業という区分が使われるようになりました。現在では、就活サイトなど幅広い業界がリテール営業という区分を用いて採用活動を行っています。

リテールセールの対義語はホールセール

前述の通り、リテール営業が個人向け営業であるのに対し、法人向け営業はホールセール営業と呼ばれます。このリテール営業とホールセール営業は別の言葉でも表現されることがあります。

よく使われるのが、リテール営業をBtoC営業、ホールセール営業をBtoB営業とする表現です。BtoCとは「Business to Consumer」の略であり、一般消費者(Consumer)を対象にしたビジネス形態です。

したがって、BtoC企業の営業職をBtoC営業と呼ぶことになります。一般的にリテール営業=BtoC営業と考えて間違いはないでしょう。

BtoBとBtoCでの営業アプローチの違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

BtoB営業で成果を高める3個のコツ、法人と個人向けの営業の違い

BtoB営業で成果を高めるためのコツを紹介。

リテール営業が多い業界

リテール営業が多いのは、金融業界やアパレル業界、不動産業界、小売業界、自動車業界などです。店舗を設け店頭で個人に販売する職種を販売職と呼ぶこともありますが、販売職も広義のリテール営業に含まれます。

リテール営業は個人を相手にした営業職であるため、比較的低価格の商品やサービスが多く、1回の受注が高くても数百万~数千万です。そのぶん、数を稼ぐことが求められ、ホールセール営業よりも薄利多売となる傾向があります。

また、相手が個人だと一般的な休日に商談時間を確保する必要があるため、土日祝日に勤務することが多いです。平日であれば夜間早朝になります。つまり、一般消費者が働いていない時間帯が商機となるため、その分ハードワークになりがちです。

一方、ホールセール営業と比べた場合、営業相手=決裁者であることが多いため、商談スピードが速いのが特徴。ホールセール営業の場合は、担当窓口の上司や取締役、社長といった具合に決裁者が積みあがっています。

個人相手のリテール営業の場合は、商談相手が決裁者であることがほとんどであるため、面倒な根回しや分厚い提案書などは多くの場合不要です。つまり、1回の商談にかける時間が短くて済みます。

リテール営業

リテール営業を成功させるポイント

リテール営業を成功させるには、いくつかのポイントがあります。法人相手の商談と比べてそのプロセスは異なりますが、根幹の部分は共通している点が多いといえるでしょう。

顧客ニーズを掴む

顧客と密なコミュニケーションを図り、真のニーズを引き出すことが必要です。リテール営業の場合は商談相手が決裁者となるため、回りくどい根回しなどは必要ありません。

顧客の予算や購入時期をはじめ、購入に必要となる情報をヒアリングによって聞き出し、ニーズを探り出しましょう。マンション営業であれば、希望するエリアや間取り、収入と返済計画、職場と通勤経路、家族構成などは最低限聞かなければならない項目です。

ニーズに合わせた提案をする

ニーズの裏には必ず課題があります。大事なのは、顧客の課題・悩みを解決する提案をすることです。

マンション営業のケースでいうと、「家族が増えたからより広い家に住みたい」というニーズに対し、「狭くなるけど駅近です」というような提案をしてはいけません。

今の住居面積よりも広い部屋で、かつ子供部屋として使える小さめの部屋がある物件を紹介するなど、顧客のニーズに見合う提案を行うようにしましょう。

このように、顧客のニーズに見合う提案を行うことを「課題解決型営業(=ソリューション営業)と呼びます。ソリューション営業のノウハウについては過去記事「ソリューション営業の本質とは?顧客の課題解決を軸にした営業方法」を参照してください。

なお、リテール営業の場合は商談相手=決裁者であるため、ホールセール営業以上に顧客の情報をより多くより深く収集しなければなりません。しかも薄利多売が基本となるので顧客数は膨大です。

そうなると頭の中だけでは管理できないため、SFA(営業支援ツール)やCRM(顧客管理システム)などのツールを活用しなければ、効率的な営業活動は見込めないでしょう。

営業管理の機能を備えるSFA「UPWARD」を10分で知りたい方はこちら
【無料】「UPWARDご紹介資料」を今すぐダウンロード

おわりに

リテール営業は商談にかける時間が短く、営業サイクルが早い傾向にあります。また、顧客数も多く、一度に多くの顧客に対し提案をしなければなりません。だからといって営業が簡単なわけではなく、ホールセール営業と同じくらいの労力とノウハウを要します。

最も重要な顧客管理については、SFA/CRMなどを活用して蓄積し、営業活動を優位に進めるとともに、長期にわたって継続して顧客となってもらえるような仕掛けも必要となってきます。リテール営業がうまくいかない企業の方は、自社の営業プロセスを再度見直し、SFAの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

無料で資料をダウンロード

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロードURLを記載したメールをお送りします。

お名前(姓)[必須]
お名前(名)[必須]
会社名[必須]
メールアドレス[必須]
お電話番号[必須]
同意確認[必須]

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をご確認ください。同意をいただける場合は「同意する」にチェックいただき、お進みください。

  • UPWARD ご紹介資料
  • UPWARD お客様事例集

関連記事

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
資料ダウンロード
×