営業管理ツール > ブログ > ターゲティングとは?営業における顧客層の選定方法

BLOGブログ

ターゲティングとは?営業における顧客層の選定方法

ターゲティングとは?営業における顧客層の選定方法

営業に限らず、マーケティングやブランディングなどにおけるターゲットの設定は、その後の成否のカギを握る考え方です。そもそものターゲット設定を間違えると、労したコストや時間が無駄になってしまいます。それだけターゲットの設定方法は重要なのです。

本記事では、ターゲティングについて、その意味や具体的な手法な手法などについて解説いたします。

ターゲティング

ターゲティングとは、ターゲット(商品販売における購入層)を設定する行為や手法を指します。

数多ある市場の中からどの市場セグメントに参入するか、マーケティング分析の結果どのカテゴリーの顧客にアプローチするか、どの年代に対してブランディングを行うかなどなど、企業活動のあらゆる場面でターゲティングが必要です。

ターゲティングが適切でない場合、以下のような状態に陥ることがあるので注意しましょう。

ターゲティングしなかった場合

そもそもターゲット設定をせずに施策を投じた場合、いわゆる「万人受け」する形になるためインパクトがありません。そうなると、結果的に誰も注目しない、リアクションがないという結果に終わってしまいます。

営業の場合、飛び込み営業がこの典型です。業種や規模を問わず手当たり次第に飛び込んだところで、ほとんど成果が得られないことは言うまでもないでしょう。

ターゲットがずれていた場合

目指すターゲットがずれていた場合、本来のターゲットに対する有効な施策が届かないばかりか、的外れのターゲット施策によるコストが全くの無駄になってしまいます。例えるなら高齢者向けの商品を若い世代に向けてプロモーションするようなもの。ターゲットが違うので費用対効果は目を覆うような結果になることでしょう。

このように、あらかじめセグメント(顧客層)を決めてターゲティングしなければ、マーケティングや営業の各種施策は無駄に終わってしまいます。

営業における顧客層の選定方法

次に、営業におけるターゲティングについて見ていきましょう。営業におけるターゲティングの基本的な手法としてSTP分析があります。

STP分析とは、「セグメンテーション(Segmentation)」「ターゲティング(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」のそれぞれについて絞り込みを行い、優位に商談を進めるという方法です。

STP分析では、まず顧客属性(性別や年齢・職業、居住地など)で絞り込みを行い、自社の事業やマーケットの成長性などからニーズを想定します。高評価のセグメントをターゲティングし、自社を優位なポジションにおいて勝負するということになります。

このSTP分析を営業に活用するためには、まずSのセグメンテーションに関するデータを大量に集めなければなりません。新規顧客の開拓であれ既存顧客へのリピートであれ、顧客属性をベースに営業活動を展開することとなります。

つまり、既存顧客を業種・企業規模・所属部署・役職などでセグメントし、同様の属性を持った企業に集中的にアプローチするといった手法になるのです。既存顧客の場合は、これにRFM分析なども加味してさまざまな営業活動を展開していきます。

いずれにせよ、これらの活動を行うためにはSFA(営業支援ツール)やCRM(顧客管理システム)を活用しなければなりません。SFA/CRMに蓄積された大量のデータを分析することにより、「顧客が抱えている課題が何か」「企業規模と受注確度との関連性はあるか」といった情報が見える化され、実際の営業活動に活かせるようになるのです。

営業管理ツールを活用した顧客ターゲティング

営業における顧客ターゲティングの手法として、営業管理ツールと連携した地図を活用しエリア戦略を考案する方法があります。具体的には、マップ上にターゲティングした顧客を表示させ、見込みの高い顧客を中心に訪問スケジュールを作成するといった方法です。

一例として、営業管理ツールの「UPWARD」の実際の画面をご紹介しましょう。

UPWARDのマップ機能

「UPWARD」では、見込み客のランクを色分け(赤が高ランク)して地図上に表示させ、ビジュアル的に視認することが可能です。顧客をランク分けしておくと、ルート営業の優先度を考えたり、ランクの高い顧客が集まっているエリアを洗い出したりと、営業活動に幅広く活用できます。

営業管理の機能を備えるSFA「UPWARD」を10分で知りたい方はこちら
【無料】「UPWARDご紹介資料」を今すぐダウンロード

おわりに

営業にも効率性が求められるようになった昨今、ターゲティングの重要性はますます増加しています。これまでの勘と経験に頼っていたターゲティングでは無駄が多くなり、組織も疲弊してしまうでしょう。より少ないコストでより大きな成果を出すためには、これらの無駄を省かなければなりません。

SFA/CRMは大量のデータを一括で処理することができ、さまざまな角度で顧客をターゲッティングすることが可能です。営業の効率化と生産性の向上に課題がある企業の方は、SFA/CRMの活用を真剣に考える時期が来ていると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

無料で資料をダウンロード

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロードURLを記載したメールをお送りします。

お名前(姓)[必須]
お名前(名)[必須]
会社名[必須]
メールアドレス[必須]
お電話番号[必須]
同意確認[必須]

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をご確認ください。同意をいただける場合は「同意する」にチェックいただき、お進みください。

  • UPWARD ご紹介資料
  • UPWARD お客様事例集

関連記事

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
資料ダウンロード
×