営業管理ツール > ブログ > Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)とは?インサイドセールスを促進する5つの機能

BLOGブログ

Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)とは?インサイドセールスを促進する5つの機能

Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)とは?インサイドセールスを促進する5つの機能

近年、Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)という言葉を目にする機会が増えています。Marketing Cloudは、多様化する顧客の購買行動を分析し、One to Oneマーケティングを実践するために必要不可欠なツールです。そうした背景から、効果的なインサイドセールスを促進するツールとして多くの企業が導入を開始しています。

 

そこで本記事では、Marketing Cloudの概念や活用事例などを挙げ、企業がどのように活用していけばよいかについて詳しく解説いたします。Marketing Cloudの知識がゼロでもわかる内容ですので、気構えずに読んでいただければと思います

Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)とは

Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)とは、SFA/CRM大手のSales Force社が提供するMA(Marketing Automation:マーケティング・オートメーション)ツールのことです。マーケティング・オートメーションは「マーケティング活動の自動化」を意味し、マーケティング活動の段階的なプロセスを自動化・仕組化することを指します。

例えば、イベント参加に対するお礼のメールを送信する、あるいは定期的にレコメンド情報を配信するといった複雑な作業を自動で行う機能をMAは持っています。オートメーション=自動化という言葉の通り、マーケティングをシステムとして自動で実行し、業務負の軽減・生産性向上を実現するのがMAの役割です。

Marketing CloudはMAの中でトップシェアを誇る製品で、MAの導入を検討する企業の多くが候補として挙げています。CRMのSalesforceをすでに導入しているなら、同製品内で稼働するMarketing Cloudは非常に強力な連携ツールです。

※SFA…営業支援ツール
※CRM…顧客管理システム

Marketing Cloud公式サイト

出典:Marketing Cloud

Pardot(パードット)との違い

同じMAツールとしてはPardotが有名です。PardotとMarketing CloudはどちらもSalesforceに実装されている機能であるため、混同する方も多いですが、これらのツールには大きな違いがあります。

それは、自社の営業プロセスが「商談型ビジネス」であるか、「集客型ビジネス」であるかという違いです。

「商談型ビジネス」はフィールドセールスなどで企業側からアプローチして顧客を獲得していく方法。「集客型ビジネス」は店舗やECサイトなどを用意し、顧客からアクセスしてもらうビジネスです。

一般的に、Pardotは商談を重ねて購買へつなげていくような、営業プロセスが長いビジネスに向いています。一方のMarketing CloudはBtoCビジネス、特に衣料や日用雑貨といった比較的安価で即決型商品の顧客に有効なMAです。

Pardotの具体的な機能については、以下の過去記事もあわせてご参照ください。Marktingu Cloudの導入を検討する際は、同じMAであるPardotについても知っておきましょう。

Marketing Cloudの機能

では、具体的なMarketing Cloudの機能をご紹介しましょう。Marketing Cloudの主な機能は以下の5つが挙げられます。

Journey Builder

Journey Builderは、さまざまなチャンネルやデバイスを使って顧客とOne to Oneマーケティングを行うための機能です。顧客ごとに最適化されたメッセージを、ベストなタイミングとチャンネルを使って送信することができ、デバイスを問わない関係構築が可能となります。

Personalization Builder

Personalization Builderは顧客の嗜好やライフスタイル、購買パターンなどの情報を収集し、パーソナライズメッセージを生み出す機能です。パーソナライズされたコンテンツやレコメンドを提示することにより、顧客一人ひとりに見合った個別のクロスチャンネルマーケティングを行うことができます。

Analytics Builder

Analytics BuilderはWebサイトへの訪問など顧客の行動を観察し、パターンや傾向を可視化する機能です。サイト訪問者の地理情報やサイト内でのページ遷移、メールコンバージョンなどあらゆるデータをリアルタイムでトラッキング、顧客の特性を詳細に分析し活用することができます。

Audience Builder

Audience Builderは、顧客に関するすべての情報を統合し正確にターゲットを絞りこむ機能です。顧客をさまざまなフィルタリングによりセグメント化し、静的な属性や動的な行動をベースにターゲットリストを作成することができます。

Content Builder

Content Builderはすべてのクロスチャンネルコンテンツを一元管理する機能です。ひとつのアプリケーションで全コンテンツの作成や管理、トラッキングと実施し、顧客に合わせた最適なデバイスでコンテンツを生成するプロセスを自動化します。

Marketing Cloudでインサイドセールスを促進

このようにMarketing Cloudはインサイドセールスに役立つ多くの機能を持ち、顧客の購買行動を促進します。インサイドセールスにとって重要な顧客の状態を把握し、適切なタイミングでコミュニケーションをとる。こうしたマーケティング行動をすべて自動化し、効率よく実施するのがMarketing Cloudを活用するメリットです。

ここでインサイドセールスについて簡単に説明しましょう。インサイドセールは、見込み顧客に対して、メール・電話・Webといったツールを使って非対面で営業活動を行う手法です。受注確度を上げた状態でフィールドセールス担当に引き継ぐことで、受注率アップや営業活動の効率化を図ります。

インサイドセールスについての詳細は過去記事をご参照ください。インサイドセールスを知っておくと、MAの活用の精度も上がります。

おわりに:MAによる自動化で時間と労力を削減

Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)は、効率的なOne to Oneマーケティングと、感動的なカスタマーエクスペリエンスを生み出すために多くの企業で活用されているツールです。

Marketing Cloudによって自動化される作業は、本来、人間の手で行うと途方もない時間と労力を必要とするもの。SFA/CRM導入企業であればMarketing Cloudによりこのような時間と労力、ひいてはマーケティングに係るコストを軽減することができるでしょう。

まだ導入していない企業は、各種デモサイトなどを使って、この機会にぜひMarketing Cloudの実力を体験してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

無料で資料をダウンロード

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロードURLを記載したメールをお送りします。

お名前(姓)[必須]
お名前(名)[必須]
会社名[必須]
メールアドレス[必須]
お電話番号[必須]
同意確認[必須]

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をご確認ください。同意をいただける場合は「同意する」にチェックいただき、お進みください。

  • UPWARD ご紹介資料
  • UPWARD お客様事例集

関連記事

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
資料ダウンロード
×