BI(ビジネス・インテリジェンス)の役割とは?BIで使える4個の主な機能 | 営業管理ツール(SFA)のUPWARD(アップワード)

営業管理ツール > ブログ > BI(ビジネス・インテリジェンス)の役割とは?BIで使える4個の主な機能

BLOGブログ

BI(ビジネス・インテリジェンス)の役割とは?BIで使える4個の主な機能

BI(ビジネス・インテリジェンス)の役割とは?BIで使える4個の主な機能

営業現場におけるデータの重要性が高まっているのをご存じでしょうか? 企業活動に関するさまざまなシステムが導入され、日々膨大なデータが企業に蓄積されています。これらのデータを社内で共有し、必要に応じて集計・分析しつつ営業活動に役立てることが求められているのです。

「BI(ビジネス・インテリジェンス)」は、こういった膨大なデータを経営戦略に生かすために使われる概念であり、その概念を具現化したのが「BIツール」と呼ばれる「意思決定支援システム」です。本記事では、このBIについて、そしてBIツールの主要機能について具体的に解説いたします。

BI(ビジネス・インテリジェンス)とは?

BIとは「Business Intelligence(ビジネス・インテリジェンス)」の略であり、企業内に蓄積された膨大なデータを集約・分析し、経営戦略のための意志決定を支援することを意味します。

BIを実現するための仕組みをBIツールと呼んでおり、タイプはインストール型とクラウド型があります。どちらも機能的には同じであり、ニーズによって選択可能です。

これまで、データの集計や分析を行い意思決定に反映させるには、データサイエンティストの力を借りる必要がありました。しかし、BIツールの登場により多くのプロセスの自動化が可能となり、意思決定のスピードを高めることに寄与しています。

BIの役割とは?

BIの主な役割は、データ分析の専門家を介さず、営業やマーケティングなど現場の人間による最適なデータ分析の実行を支援することです。

生産管理システムや販売管理システム、顧客管理システムなど、企業内ではさまざまなシステムが稼働しています。それぞれのシステムには日々膨大なデータが蓄積されていますが、相互に連携させることでより大局的に経営や業務を把握することが可能です。

BIは、これらのデータから必要な情報を抜き出しわかりやすく分析したり、あらかじめ設定した数値との乖離をアラートとして表示させたりする役割を担うツールです。基本的に膨大なデータを集約し分析するためには、データアナリストなど専門家による作業が求められます。しかし、時間もコストもかかってしまうため、迅速な意思決定に支障が生じることがあるでしょう。

BIは、高度な分析機能により、社内のさまざまな情報にアクセスし必要なデータの抽出からアウトプットまで自動で行うため、迅速な経営判断が可能となるのです。

BI(ビジネスインテリジェンス)

SFA・CRM・MAとの違い

BIと似たような機能を持つシステムとして、SFA・CRM・MAなどがあります。これらは戦略系システムと呼ばれ、業務を自動化、効率化するためのシステムです。BIツールはSFA/CRMなどに実装されている機能の一部であり、SFA/CRMの多機能化を担っています。

SFAは「営業支援ツール」、CRMは「顧客支援システム」の略です。これらは、主に営業管理や顧客管理に活用されています。SFAとCRMは重複する機能もありますが、それぞれ異なる役割を持つツールです。「UPWARD」のように、SFAとCRMとの連携が可能なツールもあります。

MAは「マーケティング・オートメーション」の略です。リードジェネレーション、リードナーチャリングなど、マーケティング活動を支援する機能を備えています。リード(見込み客)の選別や育成を行うツールです。

SFA/CRM の詳しい機能については過去記事「SFAとCRMの違いは「営業支援」か「顧客管理」か、機能の違いや連携について解説」を参照ください。

BIで使える主な4つの機能

BIツールの主な機能は、以下の4つに集約されます。

レポーティング

人間の知見とAIを組み合わせてデータの可視化を行い、ダッシュボードなどを使って情報を共有することができます。主要プロジェクトのKPIのチェックや、データをわかりやすくビジュアライズし、異常の発見を遅らせないようにすることも可能です。

OLAP(オンライン分析処理)分析

OLAPとは集約した膨大なデータから複数の軸を持つデータベースを生成する機能です。たとえば、スーパーの1カ月間の売り上げデータを価格帯や時間別、カテゴリー別、メーカー別などさまざまな軸を組み合わせて分析する際に用います。

データマイニング

複雑な統計分析を行う機能です。データマイニングとは多くのデータの中から価値ある法則を導き出すことを意味しており、重回帰分析やディシジョン・ツリーといった統計式を用いてデータを分析します。

意思決定レコメンド

過去のデータを蓄積してシミュレーションし最適な意思決定を促す機能です。プランニング機能からデータによる予測まで一貫して自動で実行することができます。

おわりに:BIの導入で迅速な経営判断を実現

BIは経営判断における迅速な意思決定に必要な機能です。顧客志向の多様化や社会情勢の複雑化により、迅速な意思決定の重要性は増すばかりです。BIによりそれを支援し、他社よりも一歩先を行くことがこれからの企業経営に求められています。

経営層においては、BIの有効性を正しく認識し、BIツールの有効活用を検討してみる必要があるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

無料で資料をダウンロード

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロードURLを記載したメールをお送りします。

お名前(姓)[必須]
お名前(名)[必須]
会社名[必須]
メールアドレス[必須]
お電話番号[必須]
同意確認[必須]

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をご確認ください。同意をいただける場合は「同意する」にチェックいただき、お進みください。

  • UPWARD ご紹介資料
  • UPWARD お客様事例集

関連記事

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
資料ダウンロード
×