Pardot + Salesforce + UPWARDで効率的な営業活動 | 営業管理ツールのUPWARD(アップワード)

営業管理ツール > ブログ > Pardot + Salesforce + UPWARDで効率的な営業活動

BLOGブログ

Pardot + Salesforce + UPWARDで効率的な営業活動

Pardot + Salesforce + UPWARDで効率的な営業活動

こんにちは。

いつもオークニーブログをご覧頂きありがとうございます。

オークニーはもちろん、Salesforceユーザなのですが、実はPardotも利用しています。
今日は、インサイドセールスチームがどのようにPardotを利用しているかを少しだけご紹介してしまいます。

Pardotとは、Salesforceが提供しているMarketing Automationツールです。
オークニーでは、ホームページからお問合せのあったお客様や、イベントにご来場いただいたお客様とのコミュンケーションツールとして主に利用しています。

オークニーではどのように連携させているかというと、主に以下の様な使い方をしています。

  1. Pardotでお問合せ用フォームを作成
  2. お問合せのあったお客様をSalesforceのキャンペーンメンバーとして登録
  3. インサイドセールスチームがお客様へご連絡を差し上げる
  4. 営業がご訪問したほうが良い場合は、訪問可能な日時を確認して、アポイントメントをセットする

それでは、実際に業務を行うために必要な設定等を行っていきましょう。

1. お問合せフォームを作成する

まずは、Pardotでお問合せフォームを作成します。

2. お問合せのあったお客様をSalesforceのキャンペーンメンバーとして登録

次に、FormのComplete ActionでSalesforceのキャンペーンメンバーとして登録されるように設定します。
同様にして、ToDoをインサイドの担当者へ割振るように設定しておきます。

こうすることで、担当者からお客様へのお問合せ漏れを防ぐことが可能になります。

3. キャンペーンメンバーを閲覧するレポートを作成しま

次に、このキャンペーンメンバーを見るためのレポートを作成します。
今回はお問合せいただいたお客様ですので、リードが関連したキャンペーンを作成します。

後々、利用しますので、ロケーション項目を含めるようにしておいてください。

4. UPWARDサジェストでキャンペーンメンバーを閲覧する

次に、UPWARDサジェスト画面で先ほど作成したレポートを読み込ませます。

リストにはWebフォームからお問合せを頂いたお客様のリストが表示され、営業チームの予定を確認しながら、効率的なお客様の訪問予定を作成することが可能になります。

以上で、設定は完了です。

このような設定をすることで、インサイドセールスチームはPardodの情報を活用して、お客様が必要なタイミングで適切な情報をご提供。営業チームは確度の高いお客様へ効率的なお客様訪問が可能となります。

他にもPardotの情報を活用したエリア分析やついで訪問を可能とする設定ができます。
こちらは、次回以降のブログにてご紹介します。

UPWARDサジェストの詳しい機能をご覧になりたいかたは、こちら
オンラインセミナー:5分で分かる!サジェスト機能のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

関連記事

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、下記フリーダイヤルよりお電話ください。

※ 受付時間: 10:00〜17:00(土日祝を除く)

0800-800-5092

(UPWARD専用フリーダイヤル)

Page TOP