UPWARD(アップワード) − 新規開拓地を登録したい!簡単 3 STEP! | 営業管理ツールのUPWARD(アップワード)

営業管理ツール > ブログ > UPWARD(アップワード) − 新規開拓地を登録したい!簡単 3 STEP!

BLOGブログ

UPWARD(アップワード) − 新規開拓地を登録したい!簡単 3 STEP!

UPWARD(アップワード) − 新規開拓地を登録したい!簡単 3 STEP!

▶︎プロモーションスタッフによる連載企画 vol,3

 UPWARD(アップワード)を日々ご利用いただいているお客様、ご利用を検討いただけるお客様にむけて、プロモーションスタッフによる活用提案をご紹介する企画の第3回です。

 

● 駐車場や管理物件などの候補地開拓を登録したい

● 新規開拓などの営業業務を効率化したい

● 競合店情報などの市場情報をストックしておきたい

 

今回は、外出先で見つけた新しい情報を、自社のデータベースに簡単に追加していきたいという上記のようなご要望に対して活用していただける”データ登録機能”についてご紹介します。

新規開拓地を登録したい!簡単 3 STEP

今回こちらの機能を紹介してくれるのは、Orkney 営業部 でインサイドセールスを担当するコンシェルジュの鮎川(あゆかわ)さんです。
鮎川さんは、サービスに興味をもっていただいた方や導入検討されている方に対し、お問い合わせに対応したり、ご利用イメージをオンラインデモを通じて紹介する業務をしています。

「UPWARDを日々ご利用いただいているお客様や、新規のお客様に大変好評をいただいている機能のひとつが”データ登録機能”です。手間もなく簡単な操作で、新規のデータを登録することができるので、3ステップに分けてご紹介しますね」

▶︎ STEP1:新規候補地を選択し仮登録する

「外出先から新規の取引先候補を見つけた場合は、地図上でその候補地を長押ししていただくと、その場所にピンが立ちます」

「画面下部にある住所部分をタップすると、次のような画面へ移動します。これに対し【新しい場所として登録する】ボタンを押下することで、データの仮登録が完了します」

▶︎ STEP2:仮登録データを編集する

「続いて、先ほど仮登録したデータを編集します」

「データ名を変更、タグ(データの格納先)を選びます。ここではセールスフォースのカスタムオブジェクトを選択することもできます。また住所は位置情報から自動的に入力されるので、打ち込む必要はありません」

▶︎ STEP3:データを本登録する

「編集したデータを確認し、本登録ボタンを押していただくと、これで新規データの登録が完了します。シンプルな操作で簡単に登録できるので、どなたでも抵抗感なく利用いただけます」

「登録データは地図上に表示され、社内ユーザも同様にこのデータにアクセスできるようになります。またこの新規登録先に対し、チェックインをしたり画像をアップロードすることもできるので、どんどん新しい情報を更新できるのもポイントです」

新しく登録した取引先はリアルタイムにPCにも反映されるので、常に新しい地図を共有しながら業務を行っていただけます。

▶︎ リアルタイムな情報共有で業務スピードを改善

今回は、データ登録機能の紹介をしました。こちらのポイントは3点です。

  1. “位置情報”から住所を自動入力し、打ち込む手間なし
  2. コメントや写真を添付することができ、新しい情報を追加できる
  3. 他のメンバーとタイムリーに情報が共有できる

UPWARDの製品紹介ページもご覧ください。

ぜひ、みなさまの業務に取り入れていただき、一足早いビジネスチャンス獲得につなげていただければと思います。

次回もお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

tag:

関連記事

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、下記フリーダイヤルよりお電話ください。

※ 受付時間: 10:00〜17:00(土日祝を除く)

0800-800-5092

(UPWARD専用フリーダイヤル)

Page TOP