活用タイプ | 営業管理ツールのUPWARD(アップワード)

営業管理ツール > 活用タイプ

CASE STUDY活用タイプ

UPWARDは幅広い業界・業種のお客様にご利用いただいています。
ご利用いただいている企業様の営業タイプは大きく4つのタイプに分かれます。

「新規顧客」「既存顧客」といった顧客特性、「訪問営業の量・質の向上」「訪問活動のコスト削減」
といった訪問活動の課題で営業タイプが異なってきます。

営業タイプによって抱えられている課題は様々ですが、それぞれのタイプでどのようにUPWARDが活用されているかご紹介します。

活用タイプ1 新規開拓・認知向上

営業スタイル
認知度を高める・サービスの導入を促進するためのプッシュ型営業
想定される業種
金融・保険業、情報サービス業、キャッシュレス決済サービス業
KPI
訪問件数
UPWARD導入前 UPWARD導入後





  • 顧客リストの購入
  • ハウスリストの整理
  • 現場で地図から直接顧客を登録することで、新規顧客リストを蓄積







  • 顧客リストへ訪問し、進捗を日報で報告
  • 訪問直後のスマホ報告で報告時間削減、訪問量UP
  • 見込みの高い顧客から訪問
  • 失注客に対する再アタック







活用タイプ2 シェア維持・アップセル

営業スタイル
既存顧客へのタイムリーできめ細かい営業
想定される業種
製造業(機械・装置メーカー)
KPI
関係維持・向上、アップセル
UPWARD導入前 UPWARD導入後












  • 各営業メンバーが商談を進行・成約
  • 決裁者へ絞った商談で確度と成約スピードアップ
  • 商談ヒアリングの内容改善PDCA







  • 顧客の要望を受けアップセル提案
  • 各営業メンバーが時期設定し、定期訪問
  • アップセルの可能性が高い時期を狙って提案
  • フォロー漏れの防止

活用タイプ3 簡易営業の効率化

営業スタイル
多数の見込み客に対する簡易的・定型的な営業(カタログ営業など)
想定される業種
不動産、卸売
KPI
見込み客への対応数
UPWARD導入前 UPWARD導入後





  • 各スタッフがノルマを持ち営業活動
  • 活動数を口頭、簡易日報で報告
  • 現場からスマホでの簡易報告で、対応数を最大化
  • 活動数の確実な管理

活用タイプ4 メンテ作業の効率化

営業スタイル
問い合わせ対応、定期訪問による点検や補充作業
想定される業種
修理・整備業、小売業
KPI
作業コストの削減
UPWARD導入前 UPWARD導入後







  • 各スタッフ、管理者が訪問計画を作成しアサイン
  • 作業後にオフィスで日報記入
  • 適したスタッフのアサイン、作業の抜け漏れ・バッティング防止
  • 現場からスマホでの簡易報告で、紙コスト不要

UPWARDについての機能やご利用料金、サポートなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のお申込み、プレス関係者様のお問い合わせはこちら

弊社への情報提供やご提案などはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-800-5092平日10:00〜17:00

無料資料ダウンロード

すべて、無料で今すぐご覧いただけます。

UPWARDの機能やソリューションをまとめた、“5分でわかる”製品紹介コンテンツや、既にご導入いただいているお客様の成功事例をまとめた事例集などをご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Page TOP
資料ダウンロード
×